大阪府域の水道の広域化について

更新日:2021年03月01日

府民の皆さまへ将来にわたり安全・安心な水道水を安定的にお届けするため、府域の水道事業の効率化や運営基盤の強化につながる「広域化」(市町村水道事業との統合)を進めています!

どうして広域化するの?

広域化したら何が良くなるの?

企業団と統合することで、様々なメリットが生まれます!

広域化して困ることはないの?

  • 水道水はどうなるの?
    ⇒ご家庭に届く水道水はこれまでと変わりません。
  • 水道に関する手続きや問合せ、水道料金の窓口はどうなるの?
    ⇒これまでと変わりません。

私が住んでいる“まち”はどうかな?

現在、企業団が直接、各ご家庭に水道水をお届けしている地域は次のとおりです。

府域の水道事業は、水需要の減少に伴う料金収入の減少をはじめ、老朽化した水道施設の更新や耐震化等に伴う支出の増加、ベテラン職員の大量退職による技術継承問題など、厳しい経営環境にあります。
このような状況のもと、水道事業体が個々に課題に対応するには、財政的、技術的に限界があるため、市町村水道事業との連携拡大や企業団との統合を進めるなどの広域化を推進することにより、運営基盤の強化を図っていくこととしています。

この記事に関するお問い合わせ先

広域連携課 連携グループ
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町2-3-12マルイト谷町ビル3階
電話:06-6944-8021
ファックス:06-6944-6868

メールフォームによるお問い合わせ