水道をご利用のお客さまへ

更新日:2022年09月22日

お知らせ一覧

令和4年度新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた水道料金の減免について(阪南市、豊能町、忠岡町、岬町、太子町のお客さま)

新型コロナウイルス感染症対策として、水道の基本料金を減免します。
減免内容については、ご利用の地域にある水道センターのお知らせをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響により水道料金等のお支払いが困難な場合のお問合せ先について

新型コロナウイルス感染症の影響により、水道料金等のお支払いが困難なお客様につきましては、納付に関するご相談に応じますので、ご利用の区域の水道センターまでお問い合わせください。

水道料金等のスマートフォン決済によるお支払いについて

スマートフォン決済とは、専用アプリをインストールしたスマートフォンなどのモバイル端末のカメラで、企業団が発行する納入通知書のバーコードを読み取り、電子マネーで決済することにより、いつでもどこでも水道料金・下水道使用料のお支払いができるサービスです。

くわしくは、ご利用の区域のページをご確認ください。

*太子町の区域においては、現在対応しておりません。

給水契約に係る定型約款について

 令和2年4月1日施行の民法改正により「定型約款」に関する規定が新設され、水道の給水契約に関してもその適用を受けます。
 「定型約款」とは、「定型取引において、契約の内容とすることを目的としてその特定の者により準備された条項の総体」と定義されています(民法第548条の2第1項)。
 当企業団が水道の供給条件を定めた次の水道事業給水条例及び各水道事業に係る水道事業給水条例施行規程は、この「定型約款」に当たるものです。
 お客さまと当企業団との給水契約においては、これらの条例等が契約の内容となります。
 また、条例等の改正があった場合は、当該改正の施行日以降は、改正後の内容が契約の内容となります。
 次のリンク先から、条例及びお客さまがご利用の区域に係る規程をご確認ください。

指定給水装置工事事業者の指定等の公示について

当企業団では、水道事業ごとに指定給水装置工事事業者を指定しています。
新規の指定、指定の更新、指定の取消しをしたときは、各水道センターのページにて公示します。
各水道センターの公示は、次のリンク先からご覧になれます。

台風等による停電に伴う断水への備えについて(高層の建物にお住まいのお客さまへ)

水道の給水方法には、大きく分けて「直結直圧方式」、「直結加圧方式」、「受水槽方式」があります。
「直結加圧方式」や「受水槽方式」が採用されている高層の建物(マンションなどの集合住宅やビル)は、電動ポンプで水を送っているため、停電に伴い断水することがあります。
(注意)建物のポンプは、所有者の管理となりますので、管理会社等にお問合せをお願いします。

お住まいの状況を確認して、台風の接近などで停電のおそれがあるときは、断水に備え、水のくみ置きをお願いします。

  • 飲料水は、ペットボトルやポリタンク等にくみ置いておきましょう。
    市販のペットボトル水を備蓄する方法もあります。
  • トイレなどの生活用水は、お風呂の浴槽などにためておきましょう。
    (注意)乳幼児がいる家庭では、ため置きの水による事故に注意してください。

停電が解消した直後は、いっせいに水を使うことにより、水道に急激な流量変化が起こり、にごり水が出ることがあります。
水道水がにごっている場合は、しばらく流して様子をみてください。
それでもにごりが続くようであれば、お住まいの地域の水道センターまでご連絡ください。
また、このような場合は、できるだけ飲用をお避けください。

給水方式(イメージ図)

クロスコネクションの禁止について

詳しくは、次のファイルをご覧ください。

関連リンク

令和3年4月1日から、大阪広域水道企業団が、藤井寺市・大阪狭山市・熊取町・河南町の水道事業を引き継ぎ、泉南市・四條畷市・阪南市・豊能町・忠岡町・田尻町・岬町・太子町・千早赤阪村と合わせ、13市町村のみなさまに水道水をお届けします。