広域化に関する主な取組(広域化のロードマップ ステップ1)

更新日:2021年03月01日

広域化に関する主な取組(広域化のロードマップ ステップ1)についてご紹介いたします。

 広域化の推進にあたっては、「業務の共同化」など連携に取り組みやすい分野から、順次取組を進めています。

災害時に府民の命を守る! ~災害用備蓄水の共同製作~

 企業団と府内市町村は災害時に府民の命を守る災害用備蓄水を共同で製作し、製作費用や事務手続の負担軽減を図っています。

河南地域の水質を守る! ~河南水質管理ステーションの運営~

 大阪府の河南地域10市町村(松原市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、柏原市、藤井寺市、大阪狭山市、河南町、太子町(注釈)及び千早赤阪村(注釈))の水道事業体が、これまで個々に行ってきた水質管理業務全般を企業団と共同で実施する「河南水質管理ステーション」を平成25年4月に設立しました。

(注釈)太子町及び千早赤阪村の水道事業は、平成29年4月から大阪広域水道企業団が引き継いでいます。

河南水質管理ステーションの詳細については下記リンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

広域連携課 連携グループ
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町2-3-12マルイト谷町ビル3階
電話:06-6944-8021
ファックス:06-6944-6868

メールフォームによるお問い合わせ