ウェブページが正しく表示されないときは

更新日:2021年03月01日

ご利用の端末に古いデータが残っている場合、ウェブサイトを閲覧したときに表示が崩れる可能性があります。
そのような場合は、ブラウザの一時ファイルを消去することで、ウェブサイトが正しく表示されるようになります。
お手数ですが下記の手順を実施していただきますよう、お願いいたします。

ブラウザの一時ファイルの消去方法

Internet Explorer11の場合

  1. 「ツール」メニューから「インターネットオプション」を選択
  2. 「全般」タブの「閲覧の履歴」項目内の「削除」を選択
  3. 「お気に入りWebサイトデータを保持する」のチェックを外す
    「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」にチェックを入れる
    「クッキーとWebサイトデータ」にチェックを入れる
  4. 「削除」ボタンをクリック

Internet Explorer7の場合

  1. 「ツール」メニューから「閲覧の履歴の削除」を選択
  2. 「インターネット一時ファイル」の「ファイルの削除」をクリック
  3. 「ファイルの削除」ポップアップウィンドウの「はい」をクリック

Google Chromeの場合

  1. 画面右上の「…」をクリックし、「履歴」をクリック
  2. 「履歴」の左側のメニューをクリック
  3. 「閲覧履歴データを消去する」をクリック
    「期間」は、「全期間」を選択
    「閲覧履歴」にチェックを入れる
    「Cookieと他のサイトデータ」にチェックを入れる
    「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れる
  4. 「データを消去」をクリック

Safari(Mac)の場合

  1. 「Safari」メニューから「環境設定」を選択
  2. 「詳細タブ」を選択し、「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れる
  3. 「開発メニュー」から「キャッシュを空にする」を選択

Safari(iPhone)の場合

  1. ホーム画面から「設定」アプリを開き、「Safari」をタップ
  2. 「詳細」をタップし、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ
  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ

この記事に関するお問い合わせ先

経営企画課 計画・広報グループ
〒540-0012
大阪府大阪市中央区谷町2-3-12マルイト谷町ビル3階
電話:06-6944-6864
ファックス:06-6944-6868

メールフォームによるお問い合わせ