貯水槽水道の管理について

更新日 2019/03/30
マンションや大きな施設などの建築物では、受水槽や高置水槽などを設置した貯水槽水道となっているものがあります。

この貯水槽水道の設備や水質の管理は、設置者の管理で行うことになっています。

 ・簡易専用水道・・・受水槽の有効容量が10立方メートルを超えるもの

 ・小規模貯水槽水道・・・受水槽の有効容量が10立方メートル以下のもの

簡易専用水道は、水道法第34条の2より、設置者に定期清掃、厚生労働大臣登録検査機関による検査等が1年以内ごとに1回義務付けられています。

小規模貯水槽水道についても、大阪広域水道企業団水道事業給水条例第46条第2項により、管理及び管理状況に関する検査を行うよう努めてください。

貯水槽の点検や清掃が不十分だったり受水槽に異常があった場合、水が濁ったり臭いがついたりすることがあるので、いつでも安心して利用者が使用できるように、設置者は適正な衛生管理を行ってください。

このページに関するお問合せ

大阪広域水道企業団 豊能水道センター
電話:072-738-3311 Fax:072-738-7527
住所:〒563-0103 大阪府豊能郡豊能町東ときわ台1-2-3