貯水槽の管理について

更新日 2019/03/30

ビル・マンションの貯水槽は、適正な管理が必要です。

ビル・マンションに設置されている貯水槽の管理が、十分に行われていなかったことが原因で、大きな事故を引き起こすことがあります。
貯水槽の設置者・管理者は自ら適正な管理を行い、衛生的な水を事故なく給水できるようにつとめなければなりません。
※受水槽の有効容量が10㎥を超える施設は、簡易専用水道として、水道法で管理基準等が定められていますので、毎年1回以上、法定検査を受けましょう。
     

貯水槽の清掃は、毎年1回以上の清掃を定期的に行ってください。

貯水槽の清掃には、専門的な知識や機器が必要です。
「知事に登録している建築物飲料水貯水槽清掃業者」に依頼して行ってください。
 

貯水槽の点検を行ってください。

・マンホールが破損していないか
・水槽に亀裂がないか
・貯水槽のフタにカギがかかっているか など
また、管理状況が適正であるかを確認するために「厚生労働大臣登録の簡易専用水道定期検査機関」の検査を受けましょう。
 

定期的に水質検査を行ってください。

水道の蛇口において、水の色、濁り、臭い、味に異常がないか、確認してください。
また、測定器を用いて、残留塩素についても確認してください。
 

「おや?水が変かな?」と、思ったときは

水の色、濁り、臭い、味等に異常を感じた場合は、直ちに給水を停止し、その水を飲まないように利用者へ知らせるとともに、和泉保健所(電話41-1342)に連絡し、指導を受けてください。

このページに関するお問合せ

大阪広域水道企業団 忠岡水道センター
電話:0725-22-1122 Fax:0725-31-3788
住所:〒595-0805 大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-34-1