Q.赤い水や濁った水が出る

更新日 2019/03/30

A. 答え

給水管や継ぎ手などの一部に鉄製の材料が使用されているときなどに起こります。鉄は腐食しやすく、水中でも徐々に錆びます。このような現象は、古い管ほどこの傾向が見られます。この錆が水の使い始めに赤い水や濁りとなって出ます。1~2分でおさまる場合はほぼ給水管に原因があると考えられます。ご近所でも同様に赤い水や濁った水が出ている場合は水道本管の工事や破裂事故による場合もあります。
応急的な対策としては、使い始めの水は飲用を避けて使われることをお勧めします。恒久的な対策としては、十分調査の上、給水管の交換を検討しなければならない場合があります。万一、鉄による赤水を少量あやまって飲んでしまったとしても、鉄分は人体への吸収率が低く、大部分は排出されてしまいますので、特に心配はありません。

このページに関するお問合せ

大阪広域水道企業団 阪南水道センター
電話:072-470-2155 Fax:072-470-2150
住所:〒599-0204 大阪府阪南市鳥取74-1