大阪広域水道企業団

水質職N.F

suisitu01.pngの画像

Q1.所属課の仕事について教えてください

水質課では浄水場の水処理工程での水質検査や、水処理で注入する薬品の品質検査、大雨や災害時の薬品注入の検討、新しい水処理方法や水処理の課題の検討など、水道水を安定供給するための様々な業務を行っています。

Q2.自身が担当している業務について教えてください

各種水質検査を担当していますが、分析装置を用いた化学物質の解析だけでなく、顕微鏡で原水中の微生物を計測するなど多様な試験を行っています。
毎日行う水質検査以外にも、稼働している施設を洗浄する際や停止していた設備を復旧する際などに、浄水場を運用するために必要な水質の調査を行っています。
新入職員でも様々な水質試験や調査に関わらせてもらえるので、業務のための幅広い知識を得ることができます。

Q3.担当業務のやりがいはなんですか

安全な水を安定的に届けることの難しさを感じた時に、浄水場の業務にやりがいを感じました。
浄水場の現場踏査や運用の研修に参加すると水質の業務が実際にどういう場面で生きてくるのかが垣間見えて嬉しく感じます。
私の業務も安定供給のための一部であると感じながら、日々水質検査に取り組んでいます。

Q4.企業団職員としての今後の目標を教えてください

今は様々な研修や担当外の業務に参加することで浄水場での業務内容を知ることを目標としています。今は水質職として目の前の業務をこなしていくだけで精一杯ですが、今後は他の職種の方がどのような業務に取り組んでいるのかを知り、自分がどういった場面で水質職としての考えを提案できるのかを考えていきたいです。

Q5.オフタイムの過ごし方(趣味・特技)を教えてください

友人とランチに行って近況報告をしたりします。企業団では休日にソフトボールやバスケットボールなどスポーツで集まる機会があり、参加することもあります。

Q6.就活中の学生にアピールメッセージをお願いします

suisitu0102.pngの画像
私の専攻は浄水処理とは無関係な分野でしたし、社会人として初めての職場でしたので不安もありました。しかし、先輩職員や上司が温かく迎えてくださり、自然に企業団の一員として自覚できるようになりました。今までの業務を乗り越えられてきたのも、先輩職員や上司の丁寧な指導のおかげです。水道への関心のある方、ぜひ私たちと一緒に、大阪で安全・安心な水の安定供給という大きな業務に臨んでみませんか。



1日のスケジュール

9:00  始 業、朝礼  

朝礼で課員各々の予定を確認し、自分の業務に移ります。

9:05  採水 

水質検査は毎日(土日を除く)行っています。村野浄水場は敷地が広く、採水箇所が多いので、自動車を使って移動します。

10:00  毎日試験 

採水してきた今日の水の試験を実施します。課員で分担して実施しています。

11:30  報告書作成等

毎日試験の結果が出たら、報告書を作成します。水質の異常がないことを上司や他課に報告します。

12:00  昼休み

課内の先輩と一緒に昼ご飯を食べています。

12:45  分析業務

この日は調査の一環でTOC(全有機炭素)の分析業務がありました。

16:30  試験室の片付け、事務作業

今日の毎日試験の片付けと、明日の準備をします。

17:30  終業

報告書作成やメールチェック等をして、帰る前に明日の予定を確認します。






bnr_gyosei1.pngの画像★行政職M.Y
bnr_gyosei2.pngの画像★行政職T.K
bnr_doboku1.pngの画像★土木職Y.T
bnr_doboku2.pngの画像★土木職T.K
bnr_setubi1.pngの画像★設備職M.M
bnr_setubi2.pngの画像★設備職T.I
bnr_suisitu1.pngの画像★水質職N.F
bnr_suisitu2.pngの画像★水質職S.H