大阪広域水道企業団

行政職M.Y

gyoseiMY.pngの画像

Q1.所属課の仕事について教えてください

企画課では、企業団が行う事業の企画・調整や広報・PR活動、調査・統計事務、条例の制定・改正や訴訟への対応、議会との調整などの業務を行っています。企業団のどの部署が今どのような仕事をしているかといった企業団全体の動きを把握し、様々な人に分かりやすく正確に伝えることが求められます。PRイベントで体を動かす仕事から、デスクで考える仕事まで、幅広い業務に取り組む課です。

Q2.自身が担当している業務について教えてください

主な担当業務は、広報活動やウェブサイトの管理、調査・統計資料の作成、行政文書の情報公開制度の運用などです。例えば、広報活動の1つである小学校への出前授業「出かける浄水場」では、浄水場での水処理工程を学ぶ実験や、水道水のおいしさを再認識してもらう利き水などを行っています。

Q3.担当業務のやりがいはなんですか

新規のPRイベントを行う際は、ゼロから構想を練り、作り上げていきます。一生懸命考えて、参加者に喜んでいただけるイベントを作り上げることができた時は、とても嬉しいです。イベントでは、企業団の水づくりについて、住民の方などにより分かりやすく説明する必要があり、責任とやりがいを感じています。

Q4.企業団職員としての今後の目標を教えてください

平成28年度に採用されて以降、慣れてきた業務もあれば、まだまだ苦戦する業務もあり、上司やたくさんの同僚職員に助けられながら頑張っています。水道の知識を幅広く身に着け、今度は私が他の職員を助ける側の「歩く水道の生き字引職員」になることが目標です。

Q5.オフタイムの過ごし方(趣味・特技)を教えてください

音楽が好きで、学生の頃からバンド活動を続けており、バンドメンバーとはご飯や旅行に行くことも多いです。最近は、企業団内でも新しくバンドを組んでいます。私のパートはドラムで、近所のスタジオで練習しています。ライブ出演の日が近づいてくると、出勤前にスタジオで朝練をすることもあります(笑)

Q6.就活中の学生にアピールメッセージをお願いします

gyosei-pic01.pngの画像
企業団では、やる気があれば新入職員でもどんどん仕事を任せてもらえ、先輩職員からのサポートや研修も充実しています。オン・オフをしっかり切り替えて、メリハリを付けて働くことができる環境です。「水道水が蛇口から出るのは当たり前」となっていますが、その「当たり前」を維持するために、奥深く面白い仕事がたくさんあります。人の生活とは切り離せない水づくりを軸に、幅広い業務に携わることができる行政職員として、ぜひ一緒に働きましょう。



1日のスケジュール

9:00  始 業  

聞に企業団・水道関連の記事が出ていないかを確認し、必要があれば職場全体に共有します。

9:30  調査資料作成 

前中は参考資料の読込みや、文書案の作成等、特に集中力が必要な業務に取り組みます。

12:00  昼休み

12:45  調査資料等起案

前中作成した資料を用いて、上司に内容を説明します。

14:00  広報物作成

イベントで使用するポスターのデザインを作成します。

16:00  統計資料作成準備

統計資料の作成にあたり、データ提供の依頼文書や回答様式等を作成します。

17:30  終業

調査資料の回答締切や明日の業務を軽く確認し、机の上の書類を整理して帰宅します。








bnr_gyosei1.pngの画像★行政職M.Y
bnr_gyosei2.pngの画像★行政職T.K
bnr_doboku1.pngの画像★土木職Y.T
bnr_doboku2.pngの画像★土木職T.K
bnr_setubi1.pngの画像★設備職M.M
bnr_setubi2.pngの画像★行政職T.K
bnr_suisitu1.pngの画像★水質職N.F
bnr_suisitu2.pngの画像★水質職S.H