工業用水道事業の概要

更新日 2018/02/06

概要

 飲み水がなくては人が生きていくことができないのと同じように、工業用水は産業活動を支える「産業の血液」として必要不可欠なものです。
 旧大阪府水道部では、堺・泉北臨海工業地域における工業用水の需要に対応するため、昭和34年度から44年度にかけて「産業基盤整備」としての工業用水道を建設し、また、昭和62年度から平成6年度にかけて、関西国際空港の対岸の「りんくうタウン」や「食品コンビナート」への施設整備を行い、産業の発展に大きく貢献してきました。
 一方、北摂、東大阪、泉州地域における地下水の汲み上げ規制に伴い、工業用地下水の代替水を供給するために、昭和39年度から54年度にかけて「地盤沈下対策」としての工業用水道を建設しました。
 平成23年4月1日からは大阪広域水道企業団が事業を継承し、府内の企業424社(平成29年12月末現在)に対して給水を行っています。
航空写真の画像
  • 工業用水道事業に関するパンフレットも作成しております。
                         

主要施設及び給水区域

 企業団では、淀川から取り入れた水を守口市にある大庭浄水場と、摂津市にある三島浄水場の2ヵ所で処理し、企業や工場に送っています。2つの浄水場で一日最大給水量80万立方メートルの施設能力をもっており、4つのポンプ場で加圧して配水しています。
 現在、北は高槻市から南は泉南市まで、府内25市2町の企業や工場に給水しています。
主要施設概要及び給水区域
  大庭浄水場 三島浄水場
施設能力 60万立方メートル/日 20万立方メートル/日
関係施設 八尾ポンプ場
泉大津ポンプ場
東除ポンプ場
枚岡加圧ポンプ場
給水区域 ◎守口市、門真市、泉大津市、忠岡町 の全域

◎大阪市、寝屋川市、大東市、四條畷市、

 東大阪市、八尾市、松原市、藤井寺市、

 羽曳野市、柏原市、堺市、高石市、和泉市、

 岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、

 田尻町 の一部
◎摂津市の全域

◎豊中市、茨木市、

 高槻市、吹田市の一部

大庭浄水場

大庭浄水場の画像
大庭浄水場拡大写真はこちら(JPGファイル:487.8KB)

三島浄水場

三島浄水場の画像
三島浄水場拡大写真はこちら(JPGファイル:479.0KB)

八尾ポンプ場

八尾の画像
八尾ポンプ場拡大写真はこちら(JPGファイル:218.8KB)

泉大津ポンプ場

泉大津の画像
泉大津ポンプ場拡大写真はこちら(JPGファイル:193.0KB)

このページに関するお問合せ

大阪広域水道企業団 事業管理部 事業推進課
電話:06-6944-6873(上水) 06-6944-8025(工業用水)
FAX:06-6944-6874
住所:〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2-3-12マルイト谷町ビル3階
お問合せはこちら