浄水発生土の有効活用

更新日 2017/03/13

更新履歴

あくあふれん土を府内公共団体に無償で提供します!

循環型社会の形成を目指し!府内の公共事業のコストを縮減! 

あくあふれん土とは!?

大阪広域水道企業団では浄水発生土(河川水から飲み水をつくる際に出来る、水中の無機物等を集めて土状にしたもの)の愛称を“あくあふれん土”(水のともだち)としています。
image3の画像
特性
・高温で乾燥し、病害虫や雑草の種子がない状態です
・与えた肥料が流れ出にくい構造です
・pHがほぼ中性であるため、植物栽培に適しています                    
5mmから20mmの粒状
総排出量:年間約23,000t(原水濁度により変動します)

芝生や花菖蒲等の栽培に適している!!

施設の改良等により、浄水発生土の発生量を平成10年の約91,000tと比較して4分の1へと縮減できました。
さらに環境にも配慮し、有効利用を図るため実証実験を重ねた結果、芝生・花菖蒲等の栽培に適していることが確認されました。

あくあふれん土のPRキャラクター決定!!

ユウ!コウ!リヨウ!.pngの画像

このページに関するお問合せ

大阪広域水道企業団 事業管理部 計画課
電話:06-6944-6865  FAX:06-6944-6874
住所:〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2-3-12マルイト谷町ビル3階
お問合せはこちら